メルカリを使って不用品を簡単に楽しく売ってみよう♪

メルカリはスマホだけで手軽に売り買いができる便利なアプリ

ずっと以前から娘たちが、メルカリというフリマアプリを使って、頻繁に物を売ったり買ったりしていました。フリマアプリとは、スマホを使ってフリーマーケットのように、個人間で物の取引ができるアプリのことです。

わたしの場合は、入会時にもらったポイントでピアスを購入したことが始まりです。その後しばらくは使用していませんでしたが、1年ほど前からは売ったり買ったりをときどきしています。

メルカリの特徴

2020年12月には、20億品が出品されています。

代金のやり取りはメルカリが仲介してくれて、商品が届いてから出品者に振り込まれます。

入会金や会費等はかかりません。

売れたときに、出品料が10%かかります。

らくらくメルカリ便やゆうゆうメルカリ便で発送すると、売上代金から発送料金を引いてくれますので、郵便局やコンビニで発送代金を支払わなくて済みます。

出品手順

手順1 商品の画像を撮る

メルカリアプリ上で画像を撮れば、そのまま商品のページに貼り付けられます。スマホに保存されている画像を使用することもできます。

手順2 商品の説明

商品名と商品の説明文を入力します。

手順3 詳細の選択

商品カテゴリー、ブランド、商品の状態、配送方法等の選択をします。配送料は、送料込み(出品者負担)を選択する方が売れやすいです。わたしもいつもそうしています。

手順4 販売価格の入力

販売価格を入力します。入力すると、手数料の10%が引かれた販売利益が表示されます。

手順5 出品

「出品」をタップしたら終わりです。

この手順通りに進めると、出品には5分~10分もあれば十分だと思います。

購入希望者とのやりとり

商品が売れるまでに、購入希望者とのやりとりがコメント欄でできます。値段交渉や質問がコメント欄に入力されたら、回答します。コメント欄は公開されています。

“いいね”ボタンもあり、その商品が気になっている人の存在もわかるので、“いいね”の数が多いときは、少し値段を下げてみたら購入してくれる場合があるそうです。

購入されたら

先にコメント欄で「購入します」と入るときもありますし、入らなくても購入されたらメルカリから通知メールが届きます。

以後購入者とのみ、取引画面にてメッセージのやり取りができますので、ごあいさつや発送準備や、発送したことを伝えたりします。

メッセージのやり取りは丁寧にした方が、お互いに気持ちよくやり取りができるとわたしは思っています。

最後に、梱包して発送します。

発送方法は、色々と選択できますが、わたしはお互いに匿名でやり取りできる方法を選ぶことが多いです。何となく安心です。

まとめ

わたしは、リアルのフリーマーケットで出品したことがありますが、新品でも定価の1割~2割程度の価格でしか売れませんでした。でも、実際に購入者の顔を見ながらお店屋さんごっこを楽しみたいのなら、リアルのフリーマーケットもおすすめです。

メルカリは、本当に手軽に出品したり購入できるのでおすすめです。また、毎日たくさんの商品が出品されるので、眺めているだけでも楽しいです。気に入った商品があれば、いいねしておくと、後から検討することもできますし。

最初にアプリをダウンロードして、会員登録する必要はありますが、難しい操作ではないと思います。

メルカリで、不用品整理はおすすめです!

少しお役に立てたならクリックしていただけるとうれしいです→ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ