夏バテしないためには自律神経を疲れさせないこと

夏すいか

夏バテ

暑い日が続くと、夏バテする人が増えてきます。

その症状は、疲れがとれない、食欲が湧かない、夜に眠れない等ですね。

夏バテというと、暑さで身体が疲れることだと思っていましたが、実は、自律神経の疲れだそうです。

自律神経の疲れ

自律神経は、交感神経と副交感神経がバランスをとりながら、血圧や消化や汗等をコントロールしています。

夏は、次の要因から自律神経が疲れてしまうのです。

①暑さに対する体温調節

②室内と室外の寒暖差によりバランスが崩れる

③紫外線に対するストレス

夏バテが続くと、体調不良や、病気になりやすくなりますので、対策が必要ですね。

生活全般における対策

①室内を適切な温度に保つ

エアコンを上手に使って、室外との温度差をなるべく抑えましょう。

冷えすぎは自律神経を疲れさせます。

②適度な運動をする

朝夕の涼しい時間に散歩しましょう。

ハードな運動は、自律神経を疲れさせます

③水分補給を忘れない

体内の水分が減ると体温調節が上手くいかなくなり、自律神経のバランスが崩れます。

冷えすぎていないスポーツドリンクやノンカフェイン飲料がおすすめです。

④規則正しく生活する

早寝早起きしましょう。

夜更かしや遅起きは、体内時計を狂わせるので自律神経へのストレスになります。

⑤紫外線を浴びない

夏の紫外線は、自律神経にとって大きなストレスになります。

肌と目を紫外線から守りましょう。外出時には、日傘とサングラスをお忘れなく。

 

これから夏本番ですね。

以上のような対策をしっかりして、夏バテせずに夏を楽しく過ごしましょう!

少しお役に立てたならクリックしていただけるとうれしいです→

スポンサーリンク

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】