気分が落ち込まないようにするための習慣

元気になる

生きていると、色々な悩み事が出てきますよね。

人間関係の悩み、健康の悩み、仕事の悩み、経済的な悩み等です。

抱えている悩みが大きかったり、長期に渡ると、気分が落ち込み、ひどくなるとうつになってしまうこともあります。

そうならないための、気分の落ち込み予防に効果的な習慣を、紹介したいと思います。

①お肉を食べましょう

セロトニンという脳内の神経伝達物質は、精神を安定させる働きがあります。

お肉には、このセロトニンの材料となるトリプトファンが多く含まれています。

お肉が食べたくなったときには、あまり我慢せずに食べましょう。身体からのサインかもしれません。

もちろん、食べ過ぎには注意して、適度にいただきましょう。

②日光に当たりましょう

1日に30分だけでも日光に当ると、セロトニンの分泌がよくなるそうです。ぜひ、実行しましょう。

できれば、日光に当りながら、散歩できるといいですね。

また、部屋の照明もあまり暗い状態が続くと、気分の落ち込みに繋がります。適度な明るさの照明にしましょう。

③睡眠を十分にとりましょう

年齢を重ねると共に、睡眠時間が短くなる傾向がありますが、十分な睡眠は何歳になっても必要です。

以上の3つを生活習慣にして、なるべく精神的に安定した日々を過ごしたいものです。

少しお役に立てたならクリックしていただけるとうれしいです→

スポンサーリンク

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】