2016年夏の土用の丑の日はいつかな?

うな重_R

土用の丑の日には、うなぎを食べますよね。

今年は7月30日です!

この土用の丑の日ですが、実は夏だけではなくて、春夏秋冬それぞれにあります。

でも、一般的には夏の土用を指します。夏の土用とは、立秋前の18日間のことです。

丑の日とは、日付の12支のひとつです。子丑寅。。。の12日の中の1日です。

そのために、その年によって、夏の土用の丑の日が1回だったり2回だったりもするのです。

では、なぜこの日には、うなぎを食べるのでしょうか?

それには複数の説があるようです。平賀源内が「土用にはうなぎをたべましょう」と言った説や、老舗うなぎ屋さんが「丑の日に焼いたうなぎが色も香りもよかった」という説等があるようです。

夏にうなぎを食べると、元気に夏を乗り切れるというイメージがありますが、実はうなぎは冬が旬だそうです。驚きです(笑)

でももちろん、夏に食べても、うなぎには、身体を元気にしてくれる良質なたんぱく質や脂質等の栄養がたっぷり含まれています。

さらに、うなぎには、たくさんのビタミンが含まれますが、中でもビタミンAが豊富です。ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康な状態にしてくれますので、美容にもいいです。

健康にも美容にもいいうなぎを、今年の夏もぜひ食べましょう。

実は、まだ土用にもなっていないのに、わたしは今日早々とうなぎを食べてきました(笑)

うなぎの焼き方には、関東と関西では違うそうですね。関東では、素焼きの後に蒸すそうですが、関西では蒸す工程はないそうです。

わたしは、関西風のうな重を食べてきましたが、柔らかくてとっても美味しかったです!

少しお役に立てたならクリックしていただけるとうれしいです→

スポンサーリンク

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】