”熟年離婚時の年金分割”の誤った認識に注意!

年金分割

万が一熟年になってから離婚する場合、専業主婦の強い味方が年金分割だと思っている人は、多いと思います。

簡単に言ってしまいますと、離婚しても夫の年金の半分がもらえるというものですね。しかし、ときどき誤った認識をされている人がおられるようです。

まず、夫の年金全てを分割してはもらえません。

あくまでも、厚生年金や共済年金の部分の分割であって、基礎年金部分は分割してもらえません。

そのため、夫が自営業者であれば国民年金なので、基礎年金部分だけとなり、全く関係のない話しとなります。

会社が上乗せしてくれる企業年金も対象外となります。

分割方法は、たとえば会社員の夫の年金額が18万円で、そのうち基礎年金部分が7万円とすれば、残りの厚生年金部分が11万円となり、それを最大2分の1の割合で、分割してもらえるということです。分割割合は両者の合意で決めますが、2008年4月以降の分は合意がなくても2分の1となります。

ただし、結婚していた期間分になります。年金加入期間が40年でも、婚姻期間が30年だったら、11万円×2分の1×4分の3となります。計算すると、約4万円です。

離婚時に分割できる財産がたくさんあればいいのですが、そうでなければ、自分の年金7万円と分割分の4万円の11万円で生活していけるのでしょうか?夫の年金額がもっと少なければ、当然ながら分割額も少なくなります。

さらに、夫が既に年金を受給していても、妻が受給できるのは、妻自身が年金の受給年齢になってからですし、受給資格(基本的に25年加入)を満たしていないといけません。

熟年離婚は、よくよく考えないと、経済的に苦労することになるかもしれません。でも、離婚したいほどの結婚生活のストレスを抱えたまま、残りの人生を続けるのなら、経済的苦労の方を選択される人もおられるでしょう。

分割したらいくら受給できるかを、夫に内緒で年金事務所に問い合わせできるそうです。もし、離婚を考えるようになった場合には、問い合わせて金額を確かめましょう。

離婚しなくてもいい夫婦関係をずっと続けたいものですが、もし離婚を考えるようになってしまった場合には、年金についてもよく調べてから踏み切られることをおすすめします。

少しお役に立てたならクリックしていただけるとうれしいです→

スポンサーリンク

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】