更年期中も更年期後もホルモン補充を続けるという選択もあり

花

わたしは、40代から定期的にレディースクリニックへ通っています。そこで検診を受けたり、お薬をいただいたりしています。

更年期に入った頃も、特に辛い症状はなかったのですが、先生のすすめでホルモン補充を始め、現在も続けています。

ホルモン補充療法とは、女性ホルモンのエストロゲンを補充する療法です。数種類ありますが、わたしが現在も続けているのは、皮膚にシールを貼る方法のものです。先生のお話しですと、貼る方法が一番自然に近い形でエストロゲンが身体に吸収されるということです。

閉経後5年経ちましたので、更年期もそろそろ終了だと思います。途中でやめたことが無く、シールのおかげかどうか確かめられませんでしたが、辛い症状はありませんでした。

最初すすめられたときに、辛い更年期の症状もなかったし、ネットで調べてみると乳がんになる確率がほんの少し上がるという情報があり、正直なところ少し不安でしたが、取りこし苦労だったようです。

がん予防の為に、プロゲステロンを併用する場合もあるようですが、わたしの場合は、貼る枚数(量)も少ないので、プロゲステロンは併用していません。

1週間に1枚分を2回に分けて貼っています。2日貼って1日お休みして、また2日貼って2日休むというパターンで貼っています。

わたしの場合は、皮膚がかなり弱いので、シールを貼ったところが少しだけ薄ピンク色になります。普通の人なら多分丈夫だと思いますが、個人差があるかもしれません。

このシール、実は更年期が過ぎてからも続けるメリットがたくさんあるので、紹介しておきますね。

まずうれしいことに、エストロゲンは、皮膚や髪の毛等の老化を遅らせてくれます。美容に効くのです。次に、不眠やうつにも効きます。さらに、骨粗しょう症の予防にもなります。それ以外にも、血管の弾力性を保つので高脂血症になり難くいそうです。

このようにして、エストロゲンはいい仕事をしてくれます(笑)

もちろん、効き目には個人差はありますし、使用できない人もいます。使用したいと思われる人は、お医者さんによく相談してくださいね。

わたしの場合ですが、費用は1ヶ月分で数百円程度です。更年期対策や美容対策にサプリメントを購入するよりは、かなりのお得だと思います!

少しお役に立てたならクリックしていただけるとうれしいです→

スポンサーリンク

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】