“お肌の老化を予防するには紫外線から守ること”を再認識しよう!

サングラスと帽子

お肌の老化の原因の80%は、紫外線を浴びることで生じ、残りの20%が自然老化だそうです。

目に見える紫外線の影響は日焼けですが、皮膚の内部では重大な変化が起こります。それは、紫外線によって発生する活性酸素による細胞内のビタミンAの破壊です。

ビタミンAは、皮膚の再生力を引き出すためにとても重要なので、破壊されると、しわ、たるみ、シミ、くすみが発生するのですね。

このようにして、皮膚の老化は、紫外線によるビタミンAの欠乏から起こるといえます。普段は陽に当らないお尻の肌がきれいなのは、紫外線に当たらないからなのですね(笑)

では、紫外線からお肌を守る方法を再認識していきましょう。

まず、外出時には長袖や長パンツでなるべくお肌を出さないことです。

日傘や帽子もお忘れなく。

また、必ずサングラスをかけましょう。目が多量の紫外線をキャッチすると、それが脳へ伝わり、身体の紫外線防御システムを作動させます。そして、メラニンを作り、シミができてしまうのです。

サングラスをかけることによって、紫外線防御システムが作動せず、メラニンが作られず、シミもできません。意外なことに、サングラスのチカラは偉大です。

さらに、日焼け止めを使用しましょう。汗で落ちたらこまめに付け直すことが大切です。

それから、スキンケア化粧品で、抗酸化物質の補給も大切です。紫外線によって発生する活性酸素をやっつけてくれます。抗酸化物質である、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE等を配合したスキンケア化粧品で、日頃からしっかりとお肌の手入れをしましょう。口から入ったビタミンは、先に内蔵へ分配されてから最後にお肌へ行きますので、スキンケア化粧品で直接お肌へ補給することが大切です。

美肌をキープするためには、まず紫外線をシャットアウトすることですね!

スキンケアについては、また別途記事にしたいと思います。

少しお役に立てたならクリックしていただけるとうれしいです→

スポンサーリンク

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】