お肉や加工食品を安全に食べるためには下ごしらえに手を抜かない

しゃぶしゃぶ

先日、野菜や果物を安全に食べるための下ごしらえを紹介しましたが、今日はお肉(牛肉・鶏肉・豚肉)と加工食品の下ごしらえ方法について紹介しますね。

ベジタリアンでなければ、お肉や加工食品を食べずに生きていくことは、かなり難しいかと思います。なるべく安全に食べたいですよね。

お肉(牛肉・鶏肉・豚肉)

お肉の有害物質は、抗菌性物質、女性ホルモン、有機塩素系農薬、ダイオキシンです。抗菌性物質や女性ホルモンは肝臓に溜まり、農薬やダイオキシンは脂肪部分に溜まるそうです。

そこで、下ごしらえに注意して、安全にお肉をいただきましょう。

お肉の下ごしらえの方法

脂身は取り除いてしまいましょう。脂身に有害物質が溜まっています。

茹でましょう。茹でて脂肪分を落としてしまいましょう。

灰汁を丁寧に取り除きましょう。

下味をつけましょう。おしょうゆやおみそに10分程度漬けて一度捨ててから、もう一度新しいおしょうゆやおみそに漬けてから調理しましょう。しょうゆやおみそは有害物質を引き出してくれます。

しゃぶしゃぶして食べましょう。ただし、お湯やたれは途中で数回変えましょう。

加工食品

加工食品には、食品全体に食品添加物が混ざっています。なるべく食べない方がいいとは思いますが、そうもいかないですね。特に気をつけて下ごしらえをしましょう。

加工食品の下ごしらえの方法

ハムやベーコンは、熱湯の中で15秒程度ふり洗いしましょう。ウィンナーは切れ目を入れてから1分程度茹でます。

カップ麺は、お湯を入れたら必ずそのお湯を捨てて、もう一度お湯を入れましょう。

中華麺も、一度茹でてから、別に用意したスープに入れます。

かまぼこは、切ってから熱湯にくぐらせます。

油揚げは、熱湯をかけて、油抜きをします。

お漬物は、漬け汁を捨てて、さっと洗います。

まとめ

どうでしょうか?すでに普段から実践されている下ごしらえもあるかと思います。

毎日のことなので面倒かもしれませんが、ちょっとした下ごしらえによって有害物質が取り除かれるのなら、するべきですよね。

たまたまなのですが、わたしはお肉の脂身が苦手です。さらに胃が弱いので、普段から油を使って炒めるよりも茹でる調理方法が多く、幸いにも自然と有害物質を取り除いていたようです。

今後も、有害物質を意識しながら、安全に食事していきたいと思います。

でも、面倒なときは、下ごしらえも省いてしまいましょうね(笑)お料理が苦痛になってしまうと、美味しく食べられませんから。

少しお役に立てたならクリックしていただけるとうれしいです→

スポンサーリンク

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】