最近物忘れが急にひどくなったと感じたら”セロトニン”を増やそう

新緑

悲しいですが、年齢を重ねるとともに、物忘れの回数が増えてきます。

固有名詞がすぐに思い出せなかったり、何をするためにその部屋へ行ったのかを忘れたり。

わたしは、すでに日常茶飯事です(笑)

こういう物忘れが、急にひどくなったと感じたことはないですか?

その場合は、加齢が原因ではなくて、ストレスが原因かもしれません。

たとえば、家族の介護、仕事、人間関係等のストレスが続いていませんか?

強いストレスが続くと、脳のセロトニンが欠乏して、物忘れが急にひどくなるそうです。

こういうときは、脳がとても疲れ切っている状態なので、脳を休ませないといけないのですね。

それでは、脳を休ませてセロトニンを増やすにはどうしたらいいかを紹介します。

ずばり、自分に優しくすることです!

完全主義や八方美人をやめて、できないことはできないと言い、人にも助けを求めましょう。

楽しい♪と思えることをして、美味しいものを食べましょう。

泣きたいときには泣きましょう。

また、朝に太陽の光をしっかりと浴び、ウォーキングや水泳等の有酸素運動をしましょう。

このようにして、脳を休ませ、セロトニンを増せたら、物忘れの状態も年齢相応に落ち着くはずです。

あくまでも、年齢相応ですが(笑)

というわけで、物忘れが急にひどくなったと感じたら、ストレスからくる脳の疲れの場合もあると、覚えていてくださいね。

少しお役に立てたならクリックしていただけるとうれしいです→

スポンサーリンク

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】