苦手な人の話しをじっくり聴いてみることはステキな人間関係のはじまり

コーヒーカップとはーと

人間関係のストレス

人生においてのストレスの多くが、人間関係からくるものだと言っても過言ではないと思います。

世の中には、色々な人がいます。自分と価値観の違う人とは、付き合い難いですね。

でも生きていると、職場や義理の関係やご近所さんや子供の学校関係等でどうしても付き合わないといけない人間関係もできます。

苦手だと思う人達と無理に仲良くする必要は無いですが、最低限度のお付き合いを円滑にしたいですよね。誰だって、笑顔で気持ちよく人と接したいと思いますよね。

話しをじっくりと聴く

その為にわたしがおすすめするのが、苦手な人の話しをじっくりと聴くということです。

わたしは、幼い頃より口下手で話し下手だったせいか、自分が話すよりも人の話しを聴く機会の方が断然多くありました。でも、なぜか人の話しを聴くことが全く苦痛ではありませんでした。たとえその話しが長くても。

そのわけは、かなり大人になってからわかったのですが、どうも人間が好きだからのようです(笑)

わたしは、色々な人にとても興味があって、色々な人を知りたいという願望が、普通の人より強いようです。その人を知るためには、まずその人の話を聴きたくなり、聴くことが苦痛ではなくてむしろ楽しいのです。

そして、聴くという行為が楽しい上に、その人との人間関係を良くしてくれる効果が大きいことも実感してきました。

わたしの場合は、たまたま自分の願望と、話しを聴くという行為がマッチしていて、いい効果が現れるのですが、人の話しを聴くことが苦手な人もおられますよね。

そういう方の場合には、少しだけでも、“聴く”ということを意識してみられたらどうでしょうか?

自分の素直な気持ちを伝える

初対面の人や、あまり話したことがないけれどちょっと苦手かもしれないと感じていた人であっても、話す機会ができたときがチャンスです!

できればゆったりとした時間の中でじっくりと話しを聴いてみましょう。

そして、ただひたすらずっと聴いているだけではなくて、共感したり、疑問に思ったことは、遠慮なく言ったり、尋ねます。

そのときの自分の気持ちを素直に伝えてください。

さいごに

全ての人間関係がこれで上手くいくとは思いません。

でも、よろしければ、日常生活の中でこれまでよりも少しだけ“聴く”を意識してみてください。

ステキな人間関係がはじまることを祈っています。

少しお役に立てたならクリックしていただけるとうれしいです→

スポンサーリンク

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】