朝までぐっすりと眠るためにはお風呂の入り方に気をつけてみよう

おふろ

健やかな毎日には良い睡眠が大切

睡眠はとても大切ですね。

睡眠には、身体や脳を休ませる、記憶を整理する、ストレスを消す、ホルモンを出すという働きがあります。

人間が健やかに生きていく為には良い睡眠が必要です。

さらに良い睡眠は、お肌にもいいですし、アンチエイジングに必要なホルモンも出してくれます。

でも、寝つきが悪かったり、夜中に何度も目が覚めて熟睡できなかったりと、なかなか朝までぐっすりと眠れなかったりしませんか?

ぐっすりと眠れないと、目覚めも悪いですし、朝から身体が重かったり、ぼーっとしたりしますよね。

良い睡眠のためには、生活中での色々な工夫がありますが、その中のひとつ、お風呂の入りかたの工夫について紹介したいと思います。

お風呂に入ると、リラックスできて、心身共に気持ち良くなりますよね。上手に入ると良い睡眠ももたらしてくれるので、一石二鳥です。

上手なお風呂の入り方

入る時間

眠る1時間から2時間前に入りましょう。

人間は体温が下がるときに眠気を感じます。お風呂で上昇した体温が下がるタイミングに眠ろうとすると、寝つきが良くなるからです。

温度

38℃から40℃の、少しぬるいかなと感じるお湯に20分程度つかりましょう。

熱いお風呂は交感神経が刺激されて興奮状態になるので、避けましょう。

入り方

できれば半身浴がおすすめです。

ぬるめのお湯にゆっくりとつかっても、半身浴なら心臓に負担をかけないからです。

水の補給

眠っている間に汗をかくので、入浴後や睡眠前に適度にお水を飲むことは大切です。

ただし、冷たいお水ではなくて常温のお水を飲みましょう。冷たいお水は、身体を緊張させて眠りを浅くします。

さいごに

最近ぐっすりと眠れていない方は、お風呂の入り方を見直してみてくださいね。

ぐっすりと眠って、気持ちのいい朝を迎えましょう。

少しお役に立てたならクリックしていただけるとうれしいです→

スポンサーリンク

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】