梅雨の季節にカビやダニが増えるのを防ぐには何をすればいい?

雨

梅雨の季節はカビやダニに要注意!

もうすぐ梅雨の季節ですね。

日本は一年中湿度が高い国ですが、梅雨になると特に湿度が高くなり、じめじめとして不快になります。

そして湿度が高くなると、カビやダニが増えやすくなり、健康へ影響する場合があります。

わたしは、小まめな掃除がとても苦手なので、時々カビを発生させては暗い気持ちになります。

ダニは目には見えませんが、たまにかまれて?かゆくなっては悲しくなります。

カビやダニについて

カビやダニは湿度が60%以上になり、温度が25℃以上になると増えやすくなります。

カビは、湿気が多いお風呂、台所、洗面所や、空気がよどんでいる靴箱、クローゼットや押し入れ等で発生しやすいですね。

ダニは、布団、カーペット、畳で増えます。

カビが原因で、水虫、アレルギー性肺炎等になる場合や、ダニが原因で、ぜんそく、アレルギー性鼻炎、皮膚炎、結膜炎等になる場合があります。

幸いわたしの家族は、カビやダニが原因では病気にはならずに助かっています。でも、もっとデリケートな家族だったら、家族のために一生懸命掃除するかもしれないので、助かっているのかそうでないのか、よくわかりません(笑)

湿度対策とカビ・ダニ対策

では、カビやダニを増やさないようにするためには、どうすればいいのか?をまとめてみました。

まず一番大切なのは、湿度管理なので、湿度計を置いておくことです。日々湿度計をチェックして、60%を超えたら湿度対策を始めましょう。

基本的な対策

①除湿器、エアコンのドライ機能、換気扇を使う。

②掃除機をこまめにかける。ほこりには室内の水分や、ダニやカビの胞子が含まれているからです。

③お天気のいい日は窓を開けて家中の通気性を良くする。

カビ対策

①入浴後に、壁に水シャワーをかけてから出る。カビを見つけたらすぐに除去する。

②台所のシンクまわりは最後に水分をふき取る。食器は完全に乾かしてから食器棚へ入れる。

③押し入れやクローゼットにはすのこを敷く。扉は完全に閉めないで少し開けておく。

ダニ対策

①じゅうたんやカーペットは掃除機でしっかりと掃除する。

②ふとんを干して、その後に必ず掃除機をかける

まとめ

梅雨の季節もそうでない季節も、ダニやカビを発生させて、嫌な気持ちになりたくないですね。

さらに、家族が病気になっても困りますね。

湿度管理と小まめな掃除が大切なので、わたしも、特に苦手な小まめな掃除を頑張りたいと思います!

少しお役に立てたならクリックしていただけるとうれしいです→

スポンサーリンク

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】