胃弱の人も便秘の人もアンチエイジングしたい人も油はオリーブオイルで摂取しよう

オリーブオイル

果実油のオリーブオイル

わたしは胃下垂で胃弱です。そのため油を使った料理を食べると、胃痛になることが多いのですが、オリーブオイルならほぼ大丈夫です。

オリーブオイルは、オリーブを搾って作る果実油ですね。イタリアではジュースのように飲む人もいるそうです。

オリーブオイルの効能

オリーブオイルには、次のような効能があります。

胃腸に優しい

胃に負担をかけず、胃酸の分泌を調整して、胃の健康を守ります。また、便秘解消にも効くそうです。便秘の人は、朝空腹時にスプーン1杯程度を飲むといいそうです。

病気の予防

オレイン酸をたくさん含んでいることにより、血中コレステロールを減少させたり、生活習慣病を予防したり、がんを抑制する効果があるといわれています。

美肌を作る

ビタミンA、Eを含んでいることにより、肌の血行を促進し、肌の細胞の老化を抑制します。保湿作用や抗炎症作用もあり、肌に直接塗っても効果があります。

エクストラバージンオイル

このように、オリーブオイルは身体や美容にいいオイルです。

摂取する場合には、エクストラバージンオイルを使うようにしましょう。エクストラバージンオイルとは、いちばん搾りのオイルのことです。

最近、このエクストラバージンオイルの偽物が、日本でたくさん出回っていると問題になりました。日本での生産量はとても少なくて、ほとんどを輸入に頼っているからでしょうか。日本では小豆島で生産されていますが、がんばって欲しいです。

偽物と本物の見分け方は難しいのですが、購入されるときには次のものを選んでくださいね。

①色の濃いガラス瓶や缶に入ったもの②オーガニック認証を受けているもの③酸度が0.8%以下のもの(日本基準は2.0%)④非加熱または30℃以下の低温処理されたもの

料理での使用方法

わたしは、オリーブオイルを、パスタ料理に使ったり、ピザの上にまわしかけて焼いたりします。そうすると、家庭料理がイタリアンのお店の味に近づきます。

サラダのドレッシングに使うのもおすすめです。オリーブオイルに、レモン汁と、ハーブの入った塩を少々入れて、サラダを食べる直前に混ぜて作ります。そのときの気分によってお醤油を加えるときもあります。

これ以外には、パンにつける、お豆腐にかける、おからにかけたりもします。美味しいですよ!

オイルは、1ヶ月から2ヶ月以内の、酸化が進まない間に使い切りましょう。酸化が進んだオイルは、いくらオリーブオイルでも、かえって身体に悪いです。

品質のいいオリーブオイルを、毎日適量摂取して、健康で美しくありたいものですね。

少しお役に立てたならクリックしていただけるとうれしいです→

スポンサーリンク

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】