食品を安全に食べるためには面倒でも下ごしらえが大切(野菜と果物編)

高原野菜と果物

はじめに

わたし達は、毎日何かを食べて生きています。食べた物でわたし達の身体が作られています。安全な食品だけを手に入れて、食べることができればいいのですが、なかなかそういうわけにはいかないですね。

野菜や果物には、「残留農薬」や「硝酸塩」や「ダイオキシン」が含まれていることが多いです。まずは下ごしらえにひと手間かけて、これらを減らしましょう。

わたしが日頃している下ごしらえを紹介します。

キャベツやレタス

外側の葉は取り除いて使わないようにします。生で食べる場合には、切ってから水にさらします。

ほうれん草(「残留農薬」や「硝酸塩」が多く要注意です)

まず、ボウル等に5分ぐらいつけておいてから、ふり洗い(ボウルの中でふる)を5回程度します。次に2~3㎝幅に切って、1分間程度茹でてから水にさらして水気を絞ります。おひたしにする場合でも、切ってから洗った方が安全です。

ジャガイモやさつまいも

流水で表面をよくこすり洗いしてから、皮をむきます。さつまいもは厚めに皮をむきます。

人参

洗って泥を落としてから、皮をむきます。

たまねぎ

茶色とその下の緑っぽい皮をむきます。

なす

流水でこすり洗いします。なるべく薄目に切ってから、すぐに水につけてあく抜きします。

きゅうり

流水でこすり洗いした後に、板ずり(塩をふってからまな板の上で転がす)をします。その後、もう一度流水で洗ってから塩を落とします。

トマト(ハウスものには「残留農薬」が多いです)

湯むきをします。サラダで使う場合でも湯むきをした方が安全です。とても面倒くさいです。

もやし

ひげ根を取ってから水にさらします。これも面倒くさいですね。

レモン

水洗いした後に、皮をむいてしまいます。

バナナ

皮をむいてから、軸(頭の部分)から1㎝の部分は切り落としてしまいます。

イチゴ(残留農薬多いです)

まずヘタは取らずに洗います。流水でよく洗ってから、ボウルの中でさるごとふり洗いを数回します。最後にヘタを取ります。

まとめ

当たり前のようですが、野菜や果物は生で食べることも多いので、まずよく洗うことですね。それだけでも、かなり安全性が高まります。その後に、それぞれの食品に適した下ごしらえをします。

もちろん、時間が無いときは無理しないことが大切です。自分ができる範囲で下ごしらえをしましょう。

楽しくお料理して、美味しく食べることが一番ですね。

少しお役に立てたならクリックしていただけるとうれしいです→

スポンサーリンク

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】