目の前に黒いものが見えたら飛蚊症かもしれません

sora

ある日のことでした。リビングからバルコニーに出たところ、目の前に虫のようなものが現れました。その虫はバルコニーから部屋に戻ってもまだ目の前にいます。

???なんかおかしい。

虫がずっと目の前にいるのです。

それが、わたしと飛蚊症とのお付き合いの始まりでした。

すぐにネットで調べると、その症状は飛蚊症のようでした。でも、網膜剥離の場合もあるということでした。網膜剥離だったら大変なので、日曜日でしたが診察している眼科を探して受診しました。

その結果は、やはり飛蚊症でした。わたしの場合は、加齢による生理的飛蚊症ということでした。黒いものは、硝子体の線維が剥離して、目の中を浮遊し、それが網膜に映ったものだそうです。

黒いものは、明るい場所にいるときによく見えます。はっきり言って、うっとうしいです。視力が落ちたわけではなくちゃんと見えるのですが、不要な黒いものも一緒に見えるのです。

特に治療の必要はないと言われましたが、慣れるまではとても気になりました。

目の前に黒いものが見えるようになったら、まず眼科へいって、網膜剥離でないことを確かめましょう。その後も、症状がひどくなる場合には、また眼科へ行きましょう。

幸いわたしは、その後症状はひどくなならず、慣れてしまってあまり気にならなくなりました(笑)

少しお役に立てたならクリックしていただけるとうれしいです→

スポンサーリンク

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】