「神の手」という名前の雲の画像が送られてきた

雲

先日のことです。友人からLineで、「神の手」という名前の雲の画像2枚が送られてきました。「幸せになって欲しい人に送ると、受け取った人は幸せになり、願いが叶うそうです。送る相手が多いのは良い事だそうです。」というメッセージと共に。

友人の優しい気持ちがとてもうれしくて、わたしも数人にこの画像をメッセージと共に送りました。それぞれから返信があり、喜んでくれていました。

ただ、心配性なわたしは、メッセージの最後の一文が何となく気になり、ネットで検索してしまったのです。そうすると、その画像がたくさん出てきて、チェーンメールの一種だとわかりました。

しかも2枚のうちの1枚は加工されたもので、元の画像まで出てきました。それを見て、とてもショックでした。残りの1枚は加工されているのかどうかはわかりませんが、一緒に送られてきたので、あやしいです。

大切に想う人が幸せになって欲しいという願いが込められて、次から次へ送られている画像。でも、加工された画像なので、その画像そのものにはありがたみはありません。

でも、わたしは思ったのです。画像がどうであれ、幸せになって欲しいと思ってくれる友人の気持ちそのものがありがたい。それだけで十分に幸せになれます。

一番最初にこの画像を送った人は、何が目的だったのでしょうか?そういう疑問は残りました。単なるいたずら心でしょうか?どこまで広がるかを試してみたかったのでしょうか?

2007年からブログやチェーンメールとして出回ったそうです。それにしても、いまだに出回っているということですね。最後の一文が、当初は「7人に送ると幸福になる。」だったそうなので、その一文のままであればわたしもすぐにチェーンメールとわかったと思います。

申し訳ないのが、送ってしまった人達です。訂正してがっかりさせてもという気持ちもあり、そのままですが、正直者のわたしは、少し悩みます。。。

このブログの画像は、記事とは関係ないものです。あしからず。

少しお役に立てたならクリックしていただけるとうれしいです→

スポンサーリンク

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】