胃が弱くてもハーブティーなら大丈夫!

ハーブティー

胃弱にはハーブティーがおすすめ

わたしは胃下垂で、胃弱です。そのために、カフェインが入った飲み物を飲むと、胃痛になります。

コーヒー、紅茶、緑茶を飲むと、必ず胃痛になります。ほうじ茶、ウーロン茶、ココアにもカフェインが入っていますが、コーヒー等に比べると含有量が少ないので、少しなら飲めます。でも、体調が悪いときはやはり胃痛になってしまいます。

そこで、わたしは緑茶の代わりに、お白湯を飲みます。お白湯が胃に一番優しいからです。もちろん温かいお白湯です。

コーヒーや紅茶の代わりには、ハーブティーを飲みます。ハーブティーには、たくさんの種類がありますが、日本ではまだあまりポピュラーではないので、一般のスーパーで手に入るハーブティーは数種類です。

カモミールとペパーミント

わたしのお気に入りは、カモミールとペパーミントです。ローズヒップもときどき飲みます。

カモミールには、鎮静作用と消化促進作用があり、食べ過ぎや腹痛や風邪の民間薬としてヨーロッパでは、昔から使われてきました。また、リラックス作用もあり、不眠症や便秘にも効くそうです。

ペパーミントにも、鎮静作用があり、イライラや不安感を軽減してくれます。胃のもたれやむかつきも解消してくれて、つわりにも効くそうです。さらに、強い殺菌作用があることもわかっています。

このように、カモミールもペパーミントも、カフェインレスな上に、胃に良い効能があるので、わたしのお気に入りです。

ミックスティーも美味しい

ただ、カモミールとペパーミントばかり飲んでいると、ときどき他のハーブティーも飲みたくなります。最近、ミックスティーをネットで見つけました。

ハーブティーをネットで購入するときは、ドイツのポンパドール社の物を購入します。このミックスティーもポンパドール社の物で、8種類のハーブがミックスされています。ルイボス、ブラックベリーリーフ、レモンバーベナ、ペパーミント、カモミール、フェンネル、リコリス、シナモンです。

パッケージもピンク色で可愛いので、ちょっとしたお礼やプレゼントにもおすすめです。

胃弱ではない人も、たまには、ノンカフェインで身体に優しいハーブティーを飲んでみてくださいね。

おやすみ前に飲んでも、目が覚めるということが無いです。カモミールティーにミルクを入れて飲むと、ぐっすり眠れますよ。

少しお役に立てたならクリックしていただけるとうれしいです→

スポンサーリンク

モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】